太もも痩せエクササイズ

スクワットで太もも痩せ



太もも、内ももに効く「がに股スクワット」!!


@足は肩幅ぐらい広げて、つま先を外側に向けて立ちます。
 両手は頭の後ろへ。

A膝はつま先と同じ方向になるように曲げる。
 (バランスが崩れるようなら、つま先の角度を調整)
 
Bゆっくり戻す。


10回1セットで、3セットおこなう。
 

太もも痩せエクササイズ

太もも速やせ動作



1日2回、朝晩に! 太もも速やせ動作!!



【A】

1.両脚を閉じた状態で、背筋を伸ばしてイスにすわる
2.両手(手のひら)をももへ向けて、内もものつけ根部分に入れる
3.内ももの肉を上に持ち上げながら外側に押し広げるように力を加える(手の位置は内もものつけ根のまま)
 脚はそれに逆らうように、左右の膝を閉じるよう力を入れる
4.そのままの状態(内ももの肉を上外側に押し広げた3.の状態)で左右交互につま先をつけたままの足踏みをする。慣れるまでは無理をしない程度の回数で、慣れたら30回にふやす



【B】
 
1.背筋を伸ばした状態でイスにすわり、両脚をできるだけ広げる
2.その状態で両手(手のひら)を、外側から両脚の太ももの裏側に入れ る
3.太ももの裏側の肉をつかむ感じで、左右の手を外側に引っぱる
4.3の状況をキープしたまま、左右交互につま先をつけたままの足踏み
 をする。慣れるまでは無理をしない程度の回数で、慣れたら30回に
 ふやす



【C】

1.背筋を伸ばしてイスにすわり、軽く脚を組む
2.そのままの状態で、お尻の下部に手のひらを入れ密着させる
3.お尻の下部の肉をつまむ感覚で、外側に引っぱる
4.3の状態のまま、足先をそらした状態で膝を体の方向に引く。
 これを左右各30回行う

 

【D】

1.背筋を伸ばしてイスにすわり、両脚を交差させる
2.手のひらを内もものつけ根部分に入れる
3.内ももの肉を上に持ち上げながら外側に引っぱる
(手の位置は内もものつけ根のまま)
4.3の状態のまま、内股を締めるように閉じる。これを左右各30回行う




太もも速やせ運動のポイント3カ条−

@背筋は伸ばした状態で、イスにすわる
 背筋を伸ばして、上半身が左右にぶれてない状態で行うのがポイント

Aひとつひとつの動作をていねいに行う
 動作が単純なだけに、効果を上げるためには、
 ひとつひとつの動作をていねいに行う。
 左右の膝もできるだけ密着させて。

B足踏みは、つま先をつけた状態で行う
 足踏みは、かかとのみ動かすようにする




引用 gooダイエット
http://diet.goo.ne.jp/member/way/mov/knk0003_c.html

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。